キラキラネームに思うこと

キラキラネームというものが話題になってどれくらい時が経ったのでしょうか。

キラキラネームにもどうやら2種類あるように思います。

 

命名にはあて字を使うことができます。さらに日本語は成長する言語です。

それ故キラキラネームの中にも、その時代時代によって許容できるものもあるかと思います。

(ここでの許容とは周囲が容易に読み呼称できる、という意味)

 

しかしどんなに日本語が進化しようとも時代によって言葉が成長しようとも許容できない名前はあるもので、無理矢理な当て字、文字列の意味から別の音に変えるようなもの、果ては有名なキャラクターから持ってくるなど…いかがなものかと。

なんといいますか、やはり子供がかわいそうかな…。

 

まぁあくまで私個人の感想ではあります。

 

お葬式の受付名簿にならぶ名前と、結婚式の新郎新婦のご友人たちの名前では、もしや自分は別次元に紛れ込んでしまったのかと思われるほどの違いを感じましたが、しかし両者ともまだまだ読めますよね。これ大事かなと。